チタン氏ついに無料ブログを卒業するの巻

今日1/20はアメリカの大統領就任式があるということです。

あの毒舌のトランプ氏が遂に第45代アメリカ大統領に就任することになりますね。

フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領にも負けないヒールなキャラクターのトランプ氏。

余所の国の大統領なのでどうでもいいことなんですが、

民主党議員がボイコットするとか。

芸能界の大物が式典出席を拒否するとか。

支持率が歴代最低だったとか。

マスコミ嫌いの次期大統領は、マスコミのアンチ報道により随分と悪印象を植え付けられていますね。

大統領に就任した後も、このまま毒舌で行くのか、軌道修正して大統領らしく振る舞うのか、注目したいところです。

できればこのままのキャラを維持していただきたい。

そう思います。

芸能界はキャラ設定が重要なポイントとなりますが、大統領も当選のためにキャラ設定する時代となったのです。

そう、立場は完全に傍観者、自国の大統領(総理)ならばおもいきり批判もしたくなりますが。

余所の国のことであれば完全にこの喜劇を傍観できます。

日本の政治も喜劇ばかりですけどね。(笑)

チャップリン「人生は近くで見ると悲劇だが、遠くから見れば喜劇である」

アメリカも日本も政治は庶民から遠い存在、即ち喜劇なんですね。

え、と、なんの話だ?

どうもこんにちは、チタンです。








前回のブログで「無料ブログを卒業する」宣言をしましたが、ついにレンタルサーバーを契約してブログの引っ越しを遂行しました。

これで「無料ブログ主義」を返上です。

引っ越し作業が思いの外大変だったので「備忘録」も兼ねて記事にしておきます。

次もあると思うので、忘れないための個人的なメモです。完全に。




今回の引っ越し作業は「独自ドメインで運営中のseesaaブログを他所のサーバーへと引っ越しする」という内容。

なんだかレアケースで情報無さそう、と思ったのですが、いますね、同じことをした先人が。

これらのサイトを参考にさせていただきました。

独自ドメイン化済みSeesaaブログからWordPressへの移行(URL維持or変更、リダイレクト、改行無効問題等について)

独自ドメイン設定済みのSeesaaブログ→エックスサーバー&ワードプレスへ引っ越しのやり方忘備録

SeesaaからWordPressへの移行|独自ドメイン設定でのリダイレクトによるブログ引っ越し



まあ、全く同じにはできないので情報を独自に理解して(都合よく解釈してともいう)良かれと思う方法を選択して引っ越し作業を進めました。



引っ越しログ(作業手順)



・レンタルサーバーを契約(今回はwpXサーバー)

・サーバーにドメインを登録
 ドメイン追加設定 → ドメイン追加 → [他社管理のドメインを追加する]

・その前にCNAME認証の設定
 新たにドメインを取得して引っ越す場合はいちばん簡単な「Whois認証」が使えるが、現在運用中のドメインはネームサーバーの割り当てができないのでその他の手段で所有権の認証を取らなければならない。
 運用中のドメインの認証にはweb認証やメール認証もありますがCNAME認証が簡単です。
 お名前.comのドメインNaviへ行き
  ドメイン設定 → DNS関連機能の設定 → 内部ドメイン選択 → [次へ進む]
  DNSレコード設定を利用する[設定する]ページでCNAME認証用の設定を追加
  TYPE:CNAME
  ホスト名:wpx201701 ←ホスト名は定期的に変わるよう
  VALUE:www.wpx.ne.jp ←最後のドットは自動的に設定されるのでつけるなと怒られる
  ※CNAMEレコードの追加後、反映が浸透するまで数時間~24時間程度かかる場合があるので追加後はしばらく待つ必要がある。

・ドメイン追加に戻って
  ドメイン名:運営中の独自ドメイン
  認証方法:CNAME認証
  [ドメインの追加(確認)]ボタンを押す、CNAMEレコードの設定が間違っているか浸透していないとエラーとなる

・左メニューのWordPress管理から[新規インストール]を選択してサブドメインにWordPressをインストールして引っ越しの確認をする。
 ※確認が必要ない場合(引っ越し中にサイトが停止してもいい場合)はいきなりseesaaの独自ドメイン設定を削除してDNS設定をレンタルサーバーの物に切り替えても構いません。

・hostsの書き換え
 C:\Windows\System32\drivers\etc\hostsの最下部にサーバーのIPとドメインのアドレスを追記
 (ネームサーバー切り替え前のWordPress動作確認用に設定が必要、ファイル書き換えの為に管理者権限でエディタを起動する必要があり)

・WordPressのダッシュボードへログインしてサイトを構築する。

・重複コンテンツと見做されないように「設定」の「表示設定」で「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」にチェックを入れる
・テーマの選定や体裁の調整
・seesaaブログのエクスポート
・テキストエディタでエクスポートデータを編集
 サイトをそのまま移行できるように画像リンクとアドレスを一括変換
・パーマリンクの設定(移行前のseesaaのアドレス構造をそのまま引き継ぐように)
・記事のインポート
・画像データのインポート
・見栄えの確認と調整(エクスポートデータにフィードバックして再編集しておく)

・確認が完了したら一旦サブドメインのWordPressを削除(アドレス変更ができないため)

・hostsの書き換え
 C:\Windows\System32\drivers\etc\hostsの最下部に追記したサーバーのIPとドメインのアドレスを削除

・レンタルサーバーのメインのドメインにWordPressをインストール

・DNSをレンタルサーバーに切り替え

・seesaaに向いているDNSレコードを無効化

・seesaaの独自ドメイン設定を削除

・seesaaのブログ記事を非公開に
 (コンテンツの重複ペナを避けたい)

・WordPressへインポート&設定&調整&表示確認

てな感じ。

これでいいのか?

まだ忘れていることはないのか?

あ、

・WordPressへアナリティクスの設定

・WordPressへSearchConsoleのメタタグの設定

もうないよね。

ないよね・・・。






こーんな感じで、結構やることが多くて大変でした。

切り替えラグは殆ど無く、あらかじめ独自ドメインで運営していたのでサイト評価の引継ぎも問題なくできました。



作業を終えて思ったのは、

引っ越しって大変ジャマイカ!!

勝算があるのなら絶対に最初から「独自ドメイン」+「レンタルサーバー」だわ。

でもこれで毎月経費が必要になってしまったわけですし。

サボってると収益が経費を下回り赤字になる可能性も無きにしも非ず。

そろそろ本気出すかーwww

しかしですね。

次にサイト立ち上げる時も、たぶん「無料ブログ」→「レンタルサーバー」にすると思います。

アクセス数が見込めるまでは助走期間なので、その収益を生み出さない期間は無料ブログで検索エンジンの評価や訪問者の様子を見たいというのが理由です。

手間はかかるがロスがない。

我ながら堅実な作戦っすな。 ← 先行投資という考え方がない。

( ^-^)つ「時は金なり」 (°_°)? ←チタン




このブログも訪問者からしたら喜劇なのかもしれない。

以上、作業メモでした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446132956
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック